日毎に分かる今回の被災の大きさ 義捐金の他のすべき事

今まで、書いては消し書いては消しのブログ

 幾らあっても足りないであろう義捐金。ならば 自分たちに出来るもう一つ他の支援。

今、自分が本格的に関わっているあしもみ検定制度!検定は施術の実技が基本です。

実技内容は、両足裏のあしもみ 時間にして15分 

 足裏には 人の躰の各部位がそのままに 投影されている

だから タコや赤く爛れた裂け傷などは 出来ている部位が反射投影されているので

本人に自覚症状が無くとも 少なからず 赤信号が灯っているのです。

 足全体が 赤くほてっている人 冷たい人より何か不具合がある人。

震災に遭われ 寒い そして騒然とした避難所で じっと不安と痛みに耐えている人達

 糖尿病、高血圧、など薬の必要な方々が薬切れで大変な思いで1日いちにちを過ごされているのでしょう。

避難されているか方々の中に何人かでも、あしもみのeマッサージが出来る方がおられればどれ程

救われたでしょう。足揉みは 道具も要らない 場所も取らない 只、両の手があれば 側で苦しんでいる

人の躰を、心を癒してあげられる。時によると薬の代わりにもなる 効き目が表れたりする!

荒んだ 不安な心を奮い立たせ 何よりも 人の躰の一番土台となる足裏を元気付かせる効果は抜群だ。

相手の目を見 顔色を気遣い 言葉を掛けながら 足裏を刺激してあげる そこに心の絆が生まれる。

 テレビの報道で、やはりマッサージ師の方がお年寄りの方々を揉んで上げているシーンを見ました。

あれなんですよね 側にいれば 自分にその施術の経験が技術があれば・・・と考えた方達一杯いたと

思います。

 
[PR]
by wagayano3937 | 2011-04-04 08:58
癒しをテーマに、この2週間。 >>